top of page

ブルーベリーの品種と旬

更新日:2022年6月24日

今回のテーマは『ブルーベリーの品種と旬』です。





こんにちは、2024年6月に愛知県豊田市小畑町でブルーベリー狩り観光農園を開園します、ブルーベリー狩り農園Toyotaかけ×らぼオーナーの齋藤です。


ブルーベリー品種と旬


ブルーベリー狩りの楽しさをもっと知ってもらいたくてブログを始めました。


ブルーベリーの旬は6-8月ですが、採れたてのブルーベリーは本当に美味しいのです。

よくスーパーで並んでいる輸入品や、コンビニの冷凍品とは全く別物です。


これは食べてもらわないとわからないかと思いますが本当です!


今、全国でブルーベリー狩り農園が増えています、是非お近くのブルーベリー狩り農園で、自分で収穫する楽しさと、採れたての新鮮なブルーベリーを体験してみてください。その中でも、ポットで栽培している農園がおすすめです。


さて、今回はブルーベリーの種類と特徴についてざっくり書いています。


ブルーベリーは大きく分けると3系統あります。


一つはハイブッシュ系ですが、そのハイブッシュ系は、更にノーザンハイブッシュ系と、サザンハイブッシュ系と2系統に分かれています。そしてもう一つは、ラビットアイ系。


【歴史】


ノーザンハイブッシュは、最も歴史が古く栽培されている系統で寒冷地での生育に向いています。味は酸味が効いていて果実品質に優れる系統。


適度な酸味と甘味のバランスがとても美味しい品種です。3系統の中では酸味を一番感じられます。


サザンハイブッシュは、ハイブッシュを暖地でも栽培出来るように研究開発された品種なので日本では関東より南の地域での栽培に適しています。3系統の中で最も栽培が難しい品種です。

酸味と甘味のバランスが良い美味しさです、ノーザンハイブッシュに比べ、サザンハイブッシュの方が甘味が強く感じられます。


ラビットアイはアメリカ南部の温かな地域に自生していた品種を改良したもので暖地での栽培に適しています。

育てやすく果実も多く収穫出来ます。その名の通り幼果実ではウサギの目の様な赤色が特徴。


糖度が高くとっても甘い。ただ、人によってはもう少し酸味がある方が美味しいと感じる人も。


【食べ頃品種】


6月上旬〜7月中旬

ノーザンハイブッシュ


6月中旬〜7月下旬

サザンハイブッシュ


7月中旬〜8月下旬

ラビットアイ


どちらの品種を食べたいのかでブルーベリー狩りに行く時期を決めると良いですね。


両方とも美味しく食べたいなら年2回食べに行くのもオススメですよ。

閲覧数:214回0件のコメント

最新記事

すべて表示

댓글


bottom of page